女性活躍推進

企業に女性の登用を促す女性活躍推進法が28日午前の参院本会議で可決、成立した。企業に女性の採用比率や管理職の割合など数値目標の設定と公表を義務付ける。2016年4月から制度を開始する。「女性活躍」を成長戦略の中核に据える安倍政権の看板政策が動き出す。先行して数値目標を掲げる企業も増えている。推進法は、従業員301人以上の企業に(1)女性活躍に関する状況把握と分析(2)数値目標や取り組みを記した行動計画の策定(3)ホームページなどでの情報公開を義務付ける。300人以下の中小企業は「努力義務」とする。

2015/8/28 日本経済新聞

jokatsu-dream01

女性活躍推進を成功させるには

エスキャリアさま●人材の活躍強化 ~女性が輝く日本!~

ホームページはこちら(内閣官房内閣広報室)

●女性の職業生活における活躍の推進に関する法律案の概要

ホームページはこちら

●成長戦略としての女性活躍の推進

ホームページはこちら(経済産業省経済産業政策局)

上記の資料によると、我が国における役員・管理職の女性比率は、先進国の中で最低水準(アラブ 諸国と同水準)だと言います。女性の活躍推進が進む企業ほど経営指標が良く、株式市場での評価も高まり、人材活用の観点から、ワークライフバランス(WLB)に取り組むことで、生産性が上昇する傾向が見られるというのです。また、同資料によると、「勤続年数の男女格差が小さい企業、再雇用制度がある企業、女性管理職比率が高い企業の方が、利益率が高い傾向が見られる」「特に、リーマンショック等厳しい環境変化に対して強く、回復が早い傾向」とのこと。この資料を読む限り、女性活躍推進は今すぐ真剣に取り組むべき命題です。

ただ、ここで間違えてはならないのは、「女性活躍を推進しなければならない」と義務や責任で女性活躍推進を遂行している企業が業績を伸ばしているのではなく、女性の潜在的なチカラに気がつき、「女性活躍を推進したい!」と心の底から思っている企業が、業績を伸ばしているということです。

女性活躍推進の本質的な意味や価値に気づき、真剣に取り組むことが成功の要諦なのです。

当協会の女性活躍推進

当協会は、女性の代表理事を筆頭に、理事や支部長も女性が多くを占め、さらに全国に500名を超えるドリームマップ講師(認定ドリマ先生)の女性比率は80%を超えます。ドリームマップ講師は、様々な職業をもつ職業人であり、社会人です。週末や有休を活用し、ドリームマップ活動(主に、小中学校のキャリア教育出張授業)に関わったり、企業研修の講師として活躍したりしています。男女のコミュニティ形成の違いを現す表現に「縦に繋がる男性、横に繋がる女性」というものがあります。女性が80%を超える当協会は、まさに横に繋がる女性ネットワークです。緩やかに横に繋がるドリームマップ講師が、全国を網の目のように覆ったとき、当協会の潜在的な力がもっとも発揮されると考えています。

また、当協会の経営手法は、女性活躍推進の一つのモデルであり、社会実験であると認識しています。当協会を経営するにあたり体験的に培った女性活躍推進のノウハウや知見は、多くの企業様の女性活躍推進に活かしていただけるのではないか、と考えています。

当協会が提供できるサービス

1)女性活躍推進を成功させる鍵

女性社員は、仕事における輝くキャリアデザインを思い描いていても、子どもを持つタイミングで、一旦仕事上のキャリアを諦めざるを得ない気持ちになるものです。そして、末子が10歳くらいになるまでは仕事のキャリアを描けず(考えられず)、足踏みしながら留まり続ける自分に焦りを募らせます。子どもを授かった途端、ワーク(仕事)とライフ(プライベート)は切っても切り離せないものになりますが、なかなかプライベートの悩みや想いを会社に相談することはできません。多くの女性たちは、プライベートのキャリアは自分一人で考えざるを得ず、ぐるぐるして、「やっぱり無理」という結論になってしまうのです。

ドリームマップは、理想のワーク(仕事)とライフ(プライベート)のバランスを一枚の台紙の上に描く目標達成ツールです。切っても切り離せないワーク(仕事)とライフ(プライベート)を同時に考え、気持ちを整理する機会になると共に、子育てと仕事の両立に追われ足元に向きがちな視点を、未来にもっていくという効果があります。

会社が、女性活躍推進の一つのツールとしてドリームマップを取り入れることは、「公私も含めて応援したい」という企業姿勢を内外にアピールすることになり、多くの働く女性の安心に繋がります。

2)女性社員自身のキャリア教育

日本企業の女性活躍推進のネックは、モデルの不在だと言われます。男性にはキャリアのモデルが社内にも社外にもたくさんいます。  女性のモデルはまだまだ少ないばかりか、突出しすぎて「あの女性のようにはなれない」というモデルや、極端すぎて「あの人のようにはなりたくない」という逆モデルの存在が目立つのが現状です。モデルは、実例が少ないからこそ クリエイトする必要性が高いのです。 しかし、なかなかモデルが育たない理由は、出産は女性にしかできないし、 社会的な環境から育児や介護はまだまだ女性が担うことを期待されているし、女性本人もそう思い込んでいます。実は「全部自分でやりたい」と思っているのも女性なのです。

企業は、政府目標もあって「女性管理職を増やさなければいけない」という状況にありますが、「女性社員が管理職を引受けたがらない」という悩みがあると思います。それは、女性は不確定要素が多い中、責任を引き受けられずにいるからなのです。

このことを理解したうえで、「暫定的なキャリア」を描き、適時状況に合わせ変更していくことが大切だと思います。つまり、ドリームマップを年に一度程度描き直しながら、ワーク(仕事)とライフ(プライベート)のキャリアを最新のものに更新し、会社と共有しながら管理職への道を登って行くのです。

3)新商品・新サービス開発に女性活躍

政府が発表した「成長戦略としての女性活躍の推進」にもあるように、女性活躍推進を含めたダイバーシティ経営企業の調査をすると、様々な女性活躍推進の成功事例が報告されます。「補助的業務を担当していた女性社員の語学力を活かし、海外向けウェブ販売事業を立ち上げ、海外売上高の増加に貢献」「女性のセンスを活かした新色のネーミングによりマーケティングが成功し、販売台数が増加」「女性新卒社員の発案によるFacebookの積極活用で、海外ダイレクト販売が約1.4倍に拡大」等々

ドリームマップは、2002年に起業家育成ツールとして誕生し、数多くの女性起業家の誕生に貢献してきたという実績があります。新規事業のアイデアをドリームマップに描くことで、女性社員のアイデアがどんなものか、その事業が成功したときに社内にもたらすメリット、お客様のどのような課題を解決し、社会にどのような影響を与えるのかなどを知ることができます。

企業経営において、男性社員の視点や価値観と女性社員の視点や価値観が交わることで相乗効果が生まれ、サービスや商品が届く範囲が大きくなります。それは売り上げの増加に繋がるばかりかブランド力の向上、真にお客様に喜ばれるサービスや商品の開発となるのです。

4)地域との繋がり、セカンドキャリア応援

当協会が提供できるサービス4つ目は、女性社員に限ったものではありません。男性社員も含め都市で生活する者が心身ともに健康に生きるには、家庭と職場ともう一つ、三つ目の居場所(サードブレイス)が必要だといわれます。社員のサードプレイスとして、さらには引退後の社員のセカンドキャリアとしてドリームマップを取り入れるという方法もあります。具体的には、社員がドリームマップの講師となり、地域の小中学校のキャリア教育(ドリームマップ授業)を行うのです。企業が学校と結びつくことのメリットとして、地域に貢献する、保護者に対する知名度アップ、将来の労働力確保など直積的なメリットが挙げられますが、それ以上に、子どもたちに関わることで、大人として職業人としての意識が高まり、仕事に対する意欲に繋がるという声は見逃せません。

リタイア後の社員が地域活動に積極的に関わることは、企業にとっても、本人にとっても、地域社会にとっても三方よしです。

会社の中には、変化がない、喜びを感じづらい、ストレスが溜まるという業務も多々あると思います。また、仕事だけでは物足りないという社員も一定数いるでしょう。そんな社員にプラスアルファの役割をもたらし、そこで身についた経験とノウハウはそのままセカンドキャリアでも活かしていただくのです。

 

当協会の女性活躍推進、6つの特長

1)講演&研修スタイル

テーマは「夢」。直属の上司と一緒に参加する研修、ワークショップ型の講演、ダイアログ(対話)を深めるお茶会、糊とハサミ&カラーペンの準備が必須の研修。合宿を伴うリトリート等、初めてのスタイルかもしれません。

2)「頭で分かる」ではなく、「心で感じる」

「日本社会では今、女性の活躍が求められている」「我が社も本気で取り組もうとしている」「君たちに大いに期待をしている」・・・自分を取り巻く環境や期待が頭で分かるのではなく、心で感じることで、一生輝き続けられるキャリアデザインを描けるようになります。

3)妥協しない、させないキャリアデザイン

子どもがいるから、子どもが欲しいから、年だから、専門性が無いから・・・等々の理由で簡単にキャリアを妥協したり諦めたりする。しかし、本当に欲しいもの、本当にエスキャリアさまdoremaなりたい自分に気づくことができたら、簡単には妥協できない、諦められなくなります。

4)多様な生き方を知る切っ掛けになる

同僚の夢、先輩の夢、後輩の夢、夢のシェアをすることで、多様な生き方を知る切っ掛けになる。みんな違ってみんないい。生き方に正解は無いけれど、自らの夢の実現が、会社の発展と社会への貢献に直結することが分かります。

5)人生を豊かにする7つの力(チカラ)が身につく

一枚の手紙、一本の電話、あの人の一言、たまたま観た映画、手にした一冊の本、私たちの人生を変える切っ掛けは「ちょっとしたこと」であったりします。私たちは、研修や講演を通じて、人生を豊かにする7つのチカラを伝えたいと考えています。

drema-power01drema-powerdrema-power03drema-power04drema-power05drema-power06drema-power07

6)全国500名以上の講師ネットワーク

私たち一般社団法人ドリームマップ普及協会には、「認定・ドリマ先生養成講座ベーシックコース」を修了後、一定の基準を満たした認定ドリマ先生(ドリームマップ講師)が全国に500名以上います。講師の職業は様々で弁護士、会社経営者、教師、主婦、会社員・・・。年齢も20代~70代まで、住んでいる地域は日本国内のみならずドイツ、ベルギー、カナダ、モンゴル、中国、ブラジルにも及びます。

様々なご要望に応えてきました

「今週末、島根県で90分の講演をしてほしい」「東京がメイン会場で、地方会場6か所を繋いで研修を行いたい。地方会場にも講師を派遣してほしい」「研修は、英語で行ってほしい」「一日時間がとれないので、2時間を3回に分けて行ってほしい」等々、全国に500名以上の講師ネットワークがあるから応えられました。

まずは、ご相談ください。

request_form_sp